• English
  • Home
  • サイト内検索

AGCコーテック > 製品情報 > 建築塗料 > 施工上のご注意

建築塗料 Architectural Coatings

施工上のご注意

下地処理

ボンフロンの優れた耐久性や高耐候性を十分に発揮させるためには、ていねいな下地処理が不可欠です。

不十分な下地処理

不十分な下地処理

数年でクラックや
ふくれが発生

ていねいな下地処理

ていねいな下地処理

十分な性能を保つ

コンクリート下地

クラック、欠損、浮き、鉄筋露出が見られる場合

金属下地

クラック、欠損、浮き、鉄筋露出が見られる場合

エナメル仕上げとクリヤー仕上げの場合

エナメル仕上げとクリヤー仕上げの場合
金属下地

気象条件

  • 5℃以下の低温、または85%以上の高湿では、施工を避けてください。
  • 降雨・降雪時および、その直前・直後に施工すると、塗膜の流出や造膜不良が発生しますので、直ちに施工を中止し、シート養生して塗装面を保護してください。
  • 強風の場合は、塗装ムラ、塗料飛散が発生しますので、施工を避けてください。
  • 気象の変化により、下地や塗布面に結露が生じた場合には、塗膜の接着不良が起こりますので、直ちに施工を中止してください。

調合上のご注意

  • 2液反応硬化型の塗料およびパテ材は、配合比に注意して調合し、硬化剤添加後は十分攪拌し混合ムラのないようにしてください。
  • 2液反応硬化型の材料は、可使時間を厳守してください。
    少量配合の場合は、はかりを使って調合してください。
    可使時間に見合った量を調合してください。
  • シンナーは、各材料ごとに専用シンナーを使用してください。
    また、施工時の気温によって塗膜乾燥時間が異なりますので、その都度適切なシンナーと、塗料粘度を調整してください。

工事中の防火管理

工事中の防火管理については、こちらをご覧下さい。

工事中の防火管理

東京消防庁 工事中の防火管理

ページトップへ

Pickup contents

  • 住宅の塗り替えをお考えの方へ
  • マンション/ビルの塗り替え フッ素塗料の塗り替えが可能!
  • 施工例
  • 遮熱フッ素樹脂塗料 ボンフロン サンバリア®
  • 高耐候性常温硬化型フッ素樹脂塗料 ボンフロン®とは
  • ボンフロン®の環境対応性能 環境負荷を低減

Related site

  • AGCコーテックは、旭硝子(株)を中核としたAGCグループのグループ企業です。
  • サラセーヌ
  • Glass Plaza アトッチ

(c) AGC COAT-TECH CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.