改修 → 外壁 → 金属系 → 亜鉛メッキ(化成処理済)・アルミニウム材(化成処理済)・ボンデ鋼板・ステンレス → 既存塗膜がある場合 → アルキッド系・塩ゴム系・エポキシ系・ウレタン系 → エナメル → 溶剤 → 遮熱 → 平滑 → 2回 → ボンフロン サンバリアHBM-60SR 工法(塗替)
標準塗装仕様書【太陽熱高反射率】
制定: 2008/06/30
適用素地 亜鉛メッキ、アルミニウム(化成処理)、ボンデ鋼板
(旧塗膜が残る場合:アルキッド系、塩化ゴム系、エポキシ系、ウレタン系(汚膜))
工法名

ボンフロン サンバリアHBM-60SR 工法(塗替)

使用材料

下塗 ボンエポコート #55MP 主剤 12.8 kg 16 kg/セット
硬化剤 3.2 kg
専用シンナー シンナー 16 ℓ/缶
中塗 ボンフロン#2000HB中塗 主剤 15 kg 18 kg/セット
硬化剤 3 kg
ボンフロンシンナー シンナー 16 ℓ/缶
上塗1 ボンフロン サンバリア 主剤 13 kg 15 kg/セット
硬化剤 2 kg
ボンフロンシンナー シンナー 16 ℓ/缶
上塗2 ボンフロン#2050SRクリヤー 主剤 12.5 kg 15 kg/セット
硬化剤 2.5 kg
ボンフロンシンナー シンナー 16 ℓ/缶
カタログPDF

PDFダウンロード
984K

塗装仕様

工程 使用材料
調合
主剤:硬化剤
希釈率
(%)
標準所要量(注1)
(kg/m2
塗回数 塗装間隔
(23℃)
施工方法
工程内 工程間
素地調整

ケレン:手動または動力による工具(電気サンダー、スクレーパーワイヤー、ホイール等)を用い、
劣化塗膜および錆を除去する。活膜は残す。

ゴミ、埃、油脂などの付着物を適切な方法で除去する。
1 下塗 ボンエポコート #55MP 12.8:3.2 専用シンナー
0 ~ 5
0.15 ~ 0.20 1 16h以上
7日以内
刷毛
ローラー
エアレス
主剤/硬化剤 = 12.8/3.2
2 中塗 ボンフロン#2000HB中塗 15:3 ボンフロンシンナー
10 ~ 30
0.14 ~ 0.16 1 16h以上
7日以内
刷毛
ローラー
エアレス
主剤/硬化剤 = 15/3
3 上塗1 ボンフロン サンバリア 13:2 ボンフロンシンナー
10 ~ 30
0.14 ~ 0.16 1 16h以上
7日以内
刷毛
ローラー
エアレス
主剤/硬化剤 = 13/2
4 上塗2 ボンフロン#2050SRクリヤー 12.5:2.5 ボンフロンシンナー
0 ~ 30
0.10 ~ 0.13 1 刷毛
ローラー
エアレス
主剤/硬化剤 = 12.5/2.5
合計 4  
※価格についてはお問い合わせください。
注1 標準所要量については、各種施工方法の塗着効率を下記として算出しております。
施工種 塗着効率(%)
刷毛、ローラー 80 ~ 100
エアレススプレー 60 ~ 80
各種吹付ガン 50 ~ 70
注2

塗装工事における留意点についてはこちらのPDF→を参照してください。

※(強・弱溶剤型塗料共通)

※(素地:金属系素地)

注3 上塗の「艶消し範囲」
  艶有り 7分艶 5分艶 3分艶 艶消し
ボンフロン#2050SRクリヤー
ページトップ