AGCコーテック株式会社

  • HOME
  • ニュース
  • 「寳徳山稲荷大社」で「ボンフロン」が採用されました

ニュース

施工例

「寳徳山稲荷大社」で「ボンフロン」が採用されました

2018年12月10日

「寳徳山稲荷大社」の塗替工事で、「ボンフロン」が採用されました。

「寳徳山稲荷大社」は、縄文時代に建てられたものが始まりとされる、歴史ある新潟県長岡市の神社です。2008年に「ボンフロン」での「本宮」の塗替工事がスタートし、2018年の今年「奥宮」の塗替工事が終了しました。

最後の塗替工事となった「奥宮」には、雪国の厳しい環境に最適なラジカル制御型の「ボンフロンGT」が採用されました。「奥宮」は毎年11月2日(文化の日)の深夜、天空に忽然と鳳凰(火の鳥)が出現し、乱舞する光景が見られる幻想的な場所とされています。

歴史とロマンに溢れた神域に立ち並ぶ、白と朱肉色で鮮やかに彩られた壮大な建物群。その、瑞々しい輝きをいつまでも維持できるのが、「ボンフロン」の実力です。

【奥宮】                                         【内宮】



【本宮 上之宮】                                       【本宮 ロウソク殿】


【建物概要】

 物件名 : 寶徳山稲荷大社

 元 請 : 株式会社 植木組

 施工店 :  株式会社 諸橋塗装