AGCコーテック株式会社

  • HOME
  • ニュース
  • 「秋田市新庁舎」にボンフロンACドライ-SR工法が採用されました。

ニュース

施工例

「秋田市新庁舎」にボンフロンACドライ-SR工法が採用されました。

2016年07月20日

「秋田市新庁舎」の梁、柱の打ち放しコンクリート生地仕上げの保護材として、ボンフロンACドライ-SR工法が採用されました。
市民に親しまれ、次世代へ引き継がれる庁舎をめざし、人にも地球にもやさしい「秋田らしい新庁舎」を設計コンセプトとした、秋田市新庁舎が竣工し、5月より業務開始し致しました。
梁、柱が打ち放しコンクリート生地仕上げで、バルコニーの軒裏とルーバーに秋田杉を使用した秋田らしい新庁舎です。

秋田市新庁舎
 
秋田市新庁舎
 

【建物概要】

所在地秋田市山王1丁目1番1号
元請清水・千代田・シブヤ・田村建設工事共同企業体
設計日本設計・渡辺佐文建築設計・コスモス設計
  秋田市新庁舎建設共同企業体
施工店三建塗装(株)・(株)ナカムラ
仕様ボンフロンACドライ-SR工法
面積2,500m2