AGCコーテック株式会社

  • HOME
  • ニュース
  • 南三陸町の役場新庁舎に「ボンフロンライトGT」が採用されました。

ニュース

施工例

南三陸町の役場新庁舎に「ボンフロンライトGT」が採用されました。

2017年12月25日

宮城県本吉郡南三陸町の役場新庁舎に「ボンフロンライトGT」が採用されました。

東日本大震災で被災した役場庁舎を、海抜約60メートルの高台に移転新築しました。
新庁舎は、鉄骨鉄筋コンクリ―ト造に地産の木材を組み合わせた3階建てで、震度7の地震に耐えられる耐震構造です。

震災復興をけん引するこの新庁舎に、環境負荷低減型弱溶剤フッ素樹脂塗料「ボンフロンライトGT(DP仕様)」が採用されました。

南三陸町の役場新庁舎
南三陸町の役場新庁舎
 

【建物概要】

所在地宮城県本吉郡南三陸町志津川字沼田101
設計株式会社久米設計東北支社
施工銭高組・山庄建設JV
仕様名ボンフロンライトGT HBC-SR工法
下地素材押出成型板


・ボンフロンGTのカタログPDFはこちら >>>

・資料請求はこちら >>>