AGCコーテック株式会社

防食塗料

施工上のご注意

下地処理

ボンフロン®の優れた耐久性や高耐候性を十分に発揮させるためには、ていねいな下地処理が不可欠です。

金属下地

金属下地

素地調整の種類

1種ケレン 素地調整の程度 グレード 規格 研掃材の種類
SSPC ISO(SIS)
黒皮、錆、塗膜を除去し、
清浄な鋼材面とする。
ホワイトメタル SP-5 Sa3 サンドブラスト(河砂)
ショットブラスト(鋼製球状粒子)
グリットブラスト(鋼製多角状粒子)
ニアーホワイトメタル SP-10 Sa2.5
コマーシャルブラスト SP-6 Sa2
スイープブラスト SP-7 Sa1
2種ケレン 素地調整の程度 規格 工具の種類
SSPC ISO(SIS)
錆、塗膜を除去し、鋼材面を露出させる。 SP-3 St3 ディスクサンダー、ワイヤーホイールなどの
電動工具と手動工具を併用する。
3種ケレン 素地調整の程度 規格 工具の種類
SSPC ISO(SIS)
錆、劣化塗膜を除去し、鋼材面を露出させる。
但し、劣化していない活膜は残す。
SP-2 St2 ディスクサンダー、ワイヤーホイールなどの
電動工具と手動工具を併用する。
4種ケレン 素地調整の程度 規格 工具の種類
SSPC ISO(SIS)
粉化物、付着物を除去し、活膜は残す。 ディスクサンダー、ワイヤーホイールなどの
電動工具と手動工具を併用する。
化成処理 溶融亜鉛メッキ 詳細
リン酸塩処理 リン酸処理溶液に浸漬させるか、
リン酸処理溶液による吹付を行う。

気象条件

  • 5℃以下の低温、または85%以上の高湿では、施工を避けてください。
  • 降雨・降雪時および、その直前・直後に施工すると、塗膜の流出や造膜不良が発生しますので、直ちに施工を中止し、シート養生して塗装面を保護してください。
  • 強風の場合は、塗装ムラ、塗料飛散が発生しますので、施工を避けてください。
  • 気象の変化により、下地や塗布面に結露が生じた場合には、塗膜の接着不良が起こりますので、直ちに施工を中止してください。

調合上のご注意

  • 2液反応硬化型の塗料およびパテ材は、配合比に注意して調合し、硬化剤添加後は十分攪拌し混合ムラのないようにしてください。
  • 2液反応硬化型の材料は、可使時間を厳守してください。
    少量配合の場合は、はかりを使って調合してください。
    可使時間に見合った量を調合してください。
  • シンナーは、各材料ごとに専用シンナーを使用してください。
    また、施工時の気温によって塗膜乾燥時間が異なりますので、その都度適切なシンナーと、塗料粘度を調整してください。

工事中の防火管理

工事中の防火管理については、こちらをご覧下さい。

東京消防庁 工事中の防火管理