AGCコーテック株式会社

建築塗料

ボンフロン サンバリアGT®

節電効果シミュレーション

ボンフロンサンバリアGTを屋根に塗った場合の消費電力とCO2排出量の削減量をシミュレーションします。

屋根を一般塗料からボンフロン サンバリアGTへ塗りかえた場合に、遮熱効果によってエアコンの消費電力がどれくらい下がるかを計算するものです。

CO2排出量削減率シミュレーション結果

  冷房熱負荷 電力 CO2排出量
(MJ/年) (kw・h/年) 消費電力
(kw・h/年)
電力コスト
(円/年)
(kg/年)
サンバリアGT 113,036 31,401 10,467 136,073 4,449
従来型塗料 142,290 39,528 13,176 171,289 5,600
削減量 29,254 8,127 2,709 35,216 1,151
削減率
(%)
21% 21%

【計算条件】
●消費電力の単価は1KW・h当たり13円として電力量料金のみ
 (基本料金は除く)。
 ※電力の単価は受電の状況によって異なります。
●消費電力はエネルギー消費効率(COP)を3として計算。
● CO2排出量は0.425kg/KWhとして計算

【シミュレーション条件】
●地域・気象条件 : 東京の気象データを基に計算。
●比較条件 : 屋根のみをサンバリアGTと従来型の塗料(N-4 グレー)で比較。
       外壁は同一の塗料(淡色 N8)を想定。
●エアコン設定温度 : 26℃
●運転条件  使用期間 : 6月~10月
       使用時間 : 9時~20時

屋根 : ステンレス / 板厚 3mm / 面積 300m2
外壁 : フレキシブルボード / 板厚 4mm / 面積 52m2 × 4
床 : 普通コン / 厚さ 150mm / 面積 300m2

※本シミュレーションは、標準気象データと、熱負荷計算プログラムLESCOM(著者:武田 仁 発行所:(株)井上書院)を使用して計算を行いました。
※掲載している数値は弊社測定値であり、保証値ではありません。

ダブルコートシステム