AGCコーテック株式会社

フッ素樹脂保護コーティング材

オブリガート用フッ素樹脂

分子構造

当社が採用しているフッ素樹脂ルミフロンは、フッ素モノマーと塗料化に必要なビニルエーテルとが規則的に交互配列を作る、3F系FEVEフッ素樹脂です。
紫外線に弱いビニルエーテルの両脇を紫外線に強いフッ素モノマーが固めて守っています。

結合エネルギー

樹脂の劣化要因

樹脂の劣化要因には、
・紫外線(光エネルギーによる切断)
・水分(加水分解)
・酸素(酸化)

などがあり、特殊な環境(酸性・アルカリ性・沿岸部など)でなければ、紫外線の影響が最も大きいとされています。

結合エネルギーの強さが劣化を抑制する

劣化速度は樹脂を形成する分子の結合エネルギーにより異なり、最大エネルギーがより小さいアクリルウレタンやアクリルシリコンは劣化しやすく、フッ素樹脂はほとんど紫外線の影響を受けにくいことがわかります。

太陽光の紫外線(UV)の最大エネルギー = 411 KJ / mol

結合 FC-CH HC-CH C-F C-H C-C C-Si
結合エネルギー
(KJ / mol)
424 347 523 402 352 290
エポキシ樹脂の分子構造
アクリル樹脂の分子構造
フッ素樹脂の分子構造

促進耐候性試験データ

促進耐候性試験データ

試験は、サンシャインウェザオメーター(SWOM)で行った。