AGCコーテック株式会社

ボンフロン®とは

ボンフロンの特長III
ラジカル制御性能(BONNFLON GT)

ボンフロンGT(Great Tolerance)

フッ素樹脂ラジカル制御性能 2つの特性がタッグを組んだ耐候性(対紫外線性)がスゴイ!

フッ素樹脂
沿岸部・離島など厳しい環境下でも建物をしっかりと保護します。

ラジカルというのは、顔料(塗料の色などの元になっている成分)に含まれている「酸化チタン」が強烈な紫外線や雨風などに当たり光触媒反応によって発生する物質のことです。
このラジカルは、塗料の耐久性を保つ「樹脂」を分解してしまう性質があり、塗膜劣化の原因物質とされています。

ボンフロンGTは塗料(白顔料)に含まれる「酸化チタン」をコーティングすることで、ラジカルによる塗膜劣化の低減に成功。
沿岸部・離島など厳しい環境下でも建物をしっかりと保護します。

ボンフロンGTのラジカル制御イメージ

従来のボンフロン

白顔料(酸化チタン)の光触媒反応でラジカルが発生 し、塗膜を破壊してしまいます。

ボンフロンGT

ボンフロンGT

白顔料(酸化チタンを)コーティングすることによって、光触媒反応を起こりにくくしラジカルによる塗膜の劣化を抑制することに成功!!

ボンフロンGT

耐候性の差をご確認ください

ボンフロンGTの施工例

沖縄地区施工4年後 鉄塔の外観

ボンフロンGTの施工例

工程 品種 製品名
下塗 変性エポキシ樹脂塗料 ボンエポコート#100
上塗 フッ素樹脂塗料 ボンフロンGT鉄塔用#2000
従来の塗料の施工例

沖縄地区施工4年後 鉄塔の外観

従来の塗料の施工例

工程 品種
下塗 変性エポキシ樹脂塗料
上塗 変性ビニール塗料

NEXT ≫ ボンフロンの特長IV:雨すじ汚れ低減化